スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラジオ講座なんとか catch up するぞい!
告白します。
わたし、ずっとスペイン語の勉強サボってました。
ごめんなさい。

こういうまいにちコツコツやるものって
一度休むとダメですねー
ずーっとサボっちゃいます。

再開しようにも
どこで止まってるのか確認するのが怖くって。
(ダイエット始めようにも「まず体重計乗るのが怖い」みたいな笑)

でも、勇気をもって調べました。

今週の放送が13週目なのですが、10週目の途中で止まってました。
さらにラジオ IC レコーダーの容量がいっぱいになっていて
録音もされておらず音声ファイルがない…

ケド!
NHK のサイトにいけば
1週間前の分のレッスンのストリーミングがあります!

きのうの午後はまるまる空いていたので
気持ちを切り替え、12週目5レッスン分
一気にまとめてストリーミングで聴きました。
10週目と11週目の分は CD で聴こうとおもいます。

せっかくはじめたラジオ講座
なんとかリタイアせずキャッチアップしたいです

EURO 24 ❼ 場所を尋ねる
5月14日(5月20日再放送分)の『テレビでスペイン語

スペインでの短期滞在リポート(今日のスキット)
今日のフレーズ(EURO 24 ❼)

"¿Dónde está el Teatro de la Zarzuela?" 
"¿Dónde está la Plaza Mayor?"
  マヨール広場はどこにありますか?
"¿Dónde está el servicio?"  トイレはどこにありますか?

「これがわかれば短期滞在はもっと楽しい!」練習問題コーナー

ホテルはあそこにあります。  "El hotel está allí."
私は家にいます。  "Yo estoy en casa."


Invitación al Arte Español 美術からひも解くスペイン
 ◎スペイン建築
  ・バルセロナにある「サグラダ・ファミリア(Sagrada Familia)」
  ・バルセロナ出身の建築家ガウディ(Antoni Gaudí)の代表作
  ・19世紀末に工事が始まり現在でもまだ建築中

  ・スペイン北東部、カタルーニャ州の州都バルセロナ
  ・マドリードに次ぐ規模の都市
  ・ミロが生まれ、ピカソが青年時代を過ごした
  ・美術と関係の深い町

  ・街の中心部にそびえ建つ「サグラダ・ファミリア」
  ・街の象徴でもある教会
  ・ガウディは19世紀後半から20世紀にかけてさまざまな建築を手掛けた 
   → e.g. グエル講演(El Parque Güel)
     芸術と生活を調和させて建築物はバルセロナ有数の観光地に
   → e.g. カサ・ミラ(La casa Milà)
     一般の住宅として建築された
   → 独特の芸術的感性でバルセロナの建築を作り上げていった

 ◎建築とカタルーニャの文化
  ・本来マドリードとはが違う文化・言語を持ち、独立国の時代もあった
  ・しかし中世以降マドリードの勢いに押され地域は衰退
  ・19世紀後半ガウディたちは独自の街作りによるカタルーニャ復興を図る
  ・バルセロナはその中心として再び発展
  ・現在では世界中にその文化を発信している

 ◎スペイン各地にそれぞれの文化
  ・カタルーニャのほかにもバスクやガリシアなど
   独自の文化と言語を持つ地域がある

 ◎カタルーニャ人のプライド
  ・政治経済の中心地であるマドリードへの対抗心
   → サッカーも熱くなる
  ・ガウディは以前は「アントニア・ガウディ」と言っていたが
   最近ではカタルーニャの呼び方で「アントニ」と言うのが主流

Desde Madrid マドリード情報
 ◎メトロに乗って町を移動
  ・マドリード市内をくまなく走っている便利な地下鉄
  ・運賃は一部を除きどこまで乗っても1回1ユーロ
  ・メトロとバスに10回乗れるメトロブス(metrobús)は7.40ユーロ
  ・1日乗り放題や2日間乗り放題のチケットもあるので観光に便利
  ・スペインでエスカレーターは右側に立つ
  ・電車のドアはボタン式で乗るときには自分で押す
  ・出口で切符は見せないがたまに検察があるので取っておく

 ◎サンチャゴ・ボルナベウ スタジアム(Estadio Santiago Bernabéu)
  ・「レアルマドリード(Real Madrid)」の本拠地
  ・スタジアムの中には資料館があり一般に公開されている
  ・試合がない日でも一般公開し地元の人との交流を大切にしている
  ・選手たちが通るロッカールームからピッチへ出るときのトンネル
   → 有名選手たちが通ってる場所に誰でも入ることができる
   → 選手たちのベンチにも座ることができる
   → 資料館も含め15ユーロで見学できる
  ・8万5千人を収容できるスペインでも有数の大規模スタジアム

 ◎マドリードのサッカー
  ・マドリードのチームには「レアルマドリード」のほかに
   「アトレティコ・マドリード」(Club Atlético de Madrid )があり
   マドリード同士の試合もかなり盛り上がって熱狂的になる
  ・興奮した人たちが多いので試合の日のスタジアム近くでは注意

EURO 24 ❻ 値段を聞く
5月14日(5月20日再放送分)の『テレビでスペイン語

スペインでの短期滞在リポート(今日のスキット)
今日のフレーズ(EURO 24 ❻)

"¿Cuánto cuesta?" 
"¿Cuánto cuesta esa camisa?"  そのシャツはいくらですか?
"Veintiocho euros."  28ユーロです。

「これがわかれば短期滞在はもっと楽しい!」練習問題コーナー

この絵葉書はいくらですか?  "¿Cuánto cuesta esta postal?"
7ユーロです。  "Cuesta siete euros."
(聞き取り問題)"Cuesta veinticinco euros."  25ユーロです。


Invitación al Arte Español 美術からひも解くスペイン
 ◎イベリコ豚
  ・スペインの豚の中でも最高級の豚
  ・どんぐりをえさとする
   → 脂ののった風味豊かな肉になる

 ◎スペイン北西部の町レオン
  ・スペインという国がまだなかった中世にはレオン王国という国の首都
  ・歴代の国王が埋葬されている聖イシドーロ聖堂の天井には
   多くの宗教画が残されているほか
   当時の人々の生活を月ごとに分けて描いた絵もある
  ・スペインでは11月に家族や親戚が集まり
   豚を一頭丸ごと調理して振る舞う「マタンサ」という儀式が行われていた

 ◎スペイン人と豚肉
  ・今では「マタンサ」を行う人は少ない
  ・けれども豚肉はスペイン人にとっては大事な食材
  ・スペインには豚肉を使った料理がたくさんある
   → 生ハム、豚肉煮込み、子豚の丸焼き
    (el jamón, el cocido de cerdo, el cochinillo)
  ・イベリコ豚はスペインを代表する特産品
   → 「イベリコ」とは「イベリア半島の」という意味
  ・スペインでは「ハム」といえば「生ハム」のことを差す
  ・どんぐり(bellota)のみを食べて育った豚の生ハムは
   「ハモン・イベリコ・デ・ベジョータ」(jamón ibérico de bellota)
   → 最高級品と言われている

 ◎豚肉と宗教
  ・イスラム教徒は豚肉を食べないので
   かつては豚肉を食べることでキリスト教徒の証としていた

Desde Madrid マドリード情報
 ◎知っておくと便利なスペインの市場での買い物ルール
  ・スペインでは列を作って並ぶ店はあまりない
  ・注文の順番を守るには…
   → 店の前に置いてある機械から札を引き抜いて
     電光掲示板に自分の番号が出るまで待つ
   → 番号札がない場合は誰が最後なのか聞く
  ・勝手に果物とかの商品を触らない
   → お願いすれば味見させてもらえたりするのでお店の人に一声かける
  ・バルセロナなどでは観光客が増えて写真撮影を禁止する市場もある
  ・料金がキロ単位で表示されている
  ・支払いは小銭がいい
   → 市場ではカードは使えない
   → 大きいお金だとおつりがない場合がある

「まいにちスペイン語」9週間目です♪
まいにちスペイン語』、月曜日から6月号のテキストにはいりました。

今週学習している文法は
先週に引き続き、英語の be 動詞にあたる "ser" と "estar" です。

先週は ser/estar のあとに形容詞が来る表現を学びましたが
今週は ser/estar のあとに名詞が来る表現を学んでいます。

スキットは Ana と Rafael の若者カップル。
わたしの好きな登場人物たちです
この二人の会話がいちばんおもしろい(笑)

Rafael のダメ男っぷりを以前記事にしましたが
今週もその本領を発揮して彼女に怒られてます。
(以前書いた記事はこちら→ 「まいにちスペイン語」6週間目はいりました

そしてそして
今週の舞台はバルなのです!
テレビでスペイン語』だけでなくラジオも!
うれしいです

たとえばきょうやったスキットの内容には
"Dos cañas, por favor." という台詞がありました。

dos(ドス)はスペイン語で数字の「2」で
caña(カニャ)は「生ビール」で複数なので cañas と s がついてます。

ちなみにわたしのもうひとつのブログのなまえは
"Una caña, por favor." です。
una が「1」なので、「生ビール1つくださーい」って感じです。

ちなみにビールは cerveza(セルベサ)といいます。

テキスト6月号をゲットしました♪
なぜか右の手首がすごくいたいあーひゃです
(きのうの夜の寝方がよくなかったのかなー)




こんかいちょっと入手が遅れてしまいましたが
まいにちスペイン語』『テレビでスペイン語
それぞれ6月号をほんじつ購入して参りました

特にたのしみなのは『テレビでスペイン語』。
今月のテーマが「夜を楽しもう」なのです

スペインといったらバル巡り。
TOEIC 仲間の方々とも
都内あちこちバルに行かせていただきましたが
ほんっとにバル大好きです

テキストの目次(índice)をみてみると

6月10日
・「私は生ビールが欲しいです」
・伝統料理
6月11日
・「おいしい!」
・スペイン人の憩いの場 バル
6月18日
・コンテンポラリー料理
・ナイトライフ① 定番の遊び方

はぁぁぁ (*´д`*)
金曜日が待ち遠しいです

バル好きなあなた
バルにちょっと興味を持ったあなた
ぜひ『テレビでスペイン語』観てみてくださーい!

金曜日(木曜深夜)午前0:00~0:25
翌週木曜日(再放送)午前6:00~6:25



  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。