スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こんな感じでやってます*
iKnow! を使った学習をどのように行っているかを書いてみます◎

iKnow! を使い始めて今日で3日目になります。
これは思っていたよりもおもしろいです(笑)
今のところ学習スタイルというのは次のように行われています。

(1) これから学習する10の単語を一覧でまず確認する。
(2) 単語を1つずつ学習する。1単語につき、1~2つの例文がある。
  単語をタイプして練習する。
(3) 3つほど学習したあとで、単語が出てきて
  対応する日本語を選択肢から選ぶ。
(4) 同様にして、10の単語が導入される。
(5) 日本語の選択肢が増える。中には「該当なし」の項目もある。
(6) 英語の例文が出て、マークされている学習中の単語に対応する
  日本語を選ぶ。
(7) 日本語の単語がでてきて、対応する英語を選択肢から選ぶ。
(8) 空欄のある英語の例文が出てきて、中に入る単語をタイプする。

思い出しながら書いたので、途中抜けているものがあったり
順番が違っていたりするかもしれませんが、こんな感じで進行します。

また、「日本語→英語」のクイズ以外では英語の音声が流れます。
「日本語→英語」のクイズでも、解答後に英語の音声が流れたと思います。

わたしは、この学習スタイルに
「声に出す」ことを追加して取り組んでいます。

だいたい10の単語を学習するのにわたしの場合8分程度かかっていまして
それを、リスニング対策のコースとリーディング対策のコース
それぞれ3セットずつ行っているので、その間わたしは喋りっぱなしです。
具体的には次のような感じです。

(1) の確認では、一つずつ音声に合わせて単語を発音します。
(2) では、単語の発音はもちろん、例文を丸々
  音声と同時に数回読みます。
(3) では、単語が出てきた時点で発音し
  選択肢を見る前に日本語の解答を言います。
(6) では、なるべく音声と同時に言えるように英語の例文を読み
  日本語の解答を言います。
(7) では、選択肢を見る前に英語の解答を言います。
(8) では、文章が出てきたところで空欄に英語を入れて読み
  タイプしながら単語を言います。

何度も何度も文章ごと喋るので
たいてい単語だけでなく、文として覚えてしまいます。

ほかにもディクテーションのプログラムもありますので
こちらは一日のノルマというのは設定せず、気分転換に挑戦しています。
それまでに学習したアイテムなので、取り組みやすいです。

  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://aahya.blog115.fc2.com/tb.php/473-69cafb8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。