スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「どうやって勉強すれば英語できるようになりますか?」
「どうやって勉強すれば英語できるようになりますか?」という質問をよく受けます。

アメリカに来て ESL のクラス、もしくは専門のコースを取っていても、
いまいち上達している実感がない…
そんな感じの相談を受けるのです。


学習において個人的に大事だとおもっているのが
「できたこと」についてちゃんとじぶんを褒める
ということです。

まだまだじぶんに欠けている点を確認して
それを課題として取り組むようにする、というように
学習意欲を上げることができるのなら問題なのですが

「できてないこと」にばかり目がいって
こんなにやってるのにぜんぜん成果でないじゃん!
だめじゃんわたし!
みたいな感じでじぶんを責めることになっては
学習意欲が減退してやるきをなくしてしまいます。

おすすめは「学習ログ」をつけること。
その日やった学習内容をノートに書くでもいいし
ブログをつくってそこに記録するでもいいし。
まちにちコツコツやるのが理想…というか結果出したいなら
ちょっとだけでもまいにちやんなきゃです。

上手にモチベーション維持していきましょう◎


で、どんな勉強をしていくかというおはなし。
わたしは、「目標達成のための英語」と「たのしむための英語」を
組み合わせてやってくのがいいとおもってます。

1つ目の「目標達成のための英語」とは
英語の上達度を計る方法としての「明確な目標」を持って取り組む英語学習のこと。
到達度テストに分類されるものに挑戦するのがいいとおもいます。
TOEIC とか英検とか。
そのテストに必要とされてるスキルがわかりやすいので
効率よく学習でき、結果もでやすいです。

具体的な学習内容は
単語学習と模試の勉強です。

それぞれの試験で頻出の単語を「ちゃんと」覚える。
単語だけじゃなくて、例文を使って覚えることで使い方までしっかり理解する。
iKnow! というオンライン単語学習ツールがおすすめ。)
模試は3回チャレンジ法でひとつひとつを「味わい付くすほどに」取り組む。
(3回チャレンジ法のやり方はこちらをご参照ください。)


2つ目の「たのしむための英語」とは
じぶんがたのしめるテーマの教材をつかった英語学習のこと。
勉強勉強するんじゃなくて
あくまで英語に慣れること、たのしむことを目的とします。
多少分からない点があっても気にしない。
もしくは、知りたいとおもったらちょこちょこっと調べてみる。
ただ負担にならない程度に。←これ重要

たとえば、海外ドラマを見るとか。好きな記事を読むとか。
日本語字幕をつけてもぜんぜん問題ないとおもいます。

きっと「あ! こないだ勉強した単語このひといまつかった!」
とかいう感動があるとおもいます。


さて、わたしも来月の TOEFL iBT に向けて
英語やりますよー!

  
コメント

この頃はツイッターとかで友達が作りやすくなっているので、会話友達を作るのもいいと思います。
アメリカとかイギリスとかオーストラリア。。。ヨーロッパ全域。。。お友達を作って積極的に短い文章(140文字以下)でお話するのもとてもいい練習になると思います。
難しいことじゃなくて、今日ナニをした、とか明日誰かの誕生日パーティーに行く。とか。つぶやいたりするのも◎だと思います。
---------- Hiro. URL│07/28. 08:32 [ 編集 ] -----
Hiro さん
コメントありがとうございますe-420

Twitter いいですね!
わたしもおすすめです。

実際に会話するときも
きょうなにしたとか、こんどなにするとか
そういう発言をすることになるので
いい練習になりますねe-113
---------- あーひゃ. URL│08/01. 05:39 [ 編集 ] -----
コメントする









       
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。