スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


EURO 24 ❻ 値段を聞く
5月14日(5月20日再放送分)の『テレビでスペイン語

スペインでの短期滞在リポート(今日のスキット)
今日のフレーズ(EURO 24 ❻)

"¿Cuánto cuesta?" 
"¿Cuánto cuesta esa camisa?"  そのシャツはいくらですか?
"Veintiocho euros."  28ユーロです。

「これがわかれば短期滞在はもっと楽しい!」練習問題コーナー

この絵葉書はいくらですか?  "¿Cuánto cuesta esta postal?"
7ユーロです。  "Cuesta siete euros."
(聞き取り問題)"Cuesta veinticinco euros."  25ユーロです。


Invitación al Arte Español 美術からひも解くスペイン
 ◎イベリコ豚
  ・スペインの豚の中でも最高級の豚
  ・どんぐりをえさとする
   → 脂ののった風味豊かな肉になる

 ◎スペイン北西部の町レオン
  ・スペインという国がまだなかった中世にはレオン王国という国の首都
  ・歴代の国王が埋葬されている聖イシドーロ聖堂の天井には
   多くの宗教画が残されているほか
   当時の人々の生活を月ごとに分けて描いた絵もある
  ・スペインでは11月に家族や親戚が集まり
   豚を一頭丸ごと調理して振る舞う「マタンサ」という儀式が行われていた

 ◎スペイン人と豚肉
  ・今では「マタンサ」を行う人は少ない
  ・けれども豚肉はスペイン人にとっては大事な食材
  ・スペインには豚肉を使った料理がたくさんある
   → 生ハム、豚肉煮込み、子豚の丸焼き
    (el jamón, el cocido de cerdo, el cochinillo)
  ・イベリコ豚はスペインを代表する特産品
   → 「イベリコ」とは「イベリア半島の」という意味
  ・スペインでは「ハム」といえば「生ハム」のことを差す
  ・どんぐり(bellota)のみを食べて育った豚の生ハムは
   「ハモン・イベリコ・デ・ベジョータ」(jamón ibérico de bellota)
   → 最高級品と言われている

 ◎豚肉と宗教
  ・イスラム教徒は豚肉を食べないので
   かつては豚肉を食べることでキリスト教徒の証としていた

Desde Madrid マドリード情報
 ◎知っておくと便利なスペインの市場での買い物ルール
  ・スペインでは列を作って並ぶ店はあまりない
  ・注文の順番を守るには…
   → 店の前に置いてある機械から札を引き抜いて
     電光掲示板に自分の番号が出るまで待つ
   → 番号札がない場合は誰が最後なのか聞く
  ・勝手に果物とかの商品を触らない
   → お願いすれば味見させてもらえたりするのでお店の人に一声かける
  ・バルセロナなどでは観光客が増えて写真撮影を禁止する市場もある
  ・料金がキロ単位で表示されている
  ・支払いは小銭がいい
   → 市場ではカードは使えない
   → 大きいお金だとおつりがない場合がある

  
コメント
コメントする









       
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。