スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


NHK 語学講座 たのしいですね
正直、ことしの NHK ラジオ講座「まいにちスペイン語」の初回の印象は、「つまんない」でした

昨年のたのしい Podcast 風の雰囲気とまったく違って、いかにも「スクリプト読んでます」っていう感じに、続けていけるのか自信をなくしました。…が、「せっかくテキストも買ったし、とりあえずもうちょっと聴いてみるかー」とおもって、聴いてみること1週間。なんだかたのしみはじめたじぶんがいます(笑)


昨晩は、録画していた「テレビでスペイン語」「J ブンガク」「ギフト」をまとめて観ました

英語以外の語学講座シリーズ、ことしは「EURO 24」という名前の企画だということは知ってはいたのですが、ただ単にヨーロッパの4言語(仏・独・伊・西)の講座の総称くらいだとおもっていたら、「テレビでスペイン語」をみてびっくり、まいかい学習するフレーズは、4言語共通なんですね! 4番組がおなじようなストーリー展開をしていき、そのなかでことばの違いと文化の違いをたのしめちゃうんです! 気軽にいろんな言語に挑戦できる…そんなコンセプトみたいです。フレーズだけならこんな感じで4言語同時に学べます

J ブンガク」は去年とガラッと雰囲気が変わりました。実は去年、録画だけしていたものの結局観ないまま消去したんですが、ことしのは1本が5分と短いので、さらっと観れちゃいます。杏ちゃんとセイラちゃんの朗読とトークもいい感じにゆるくて和みます
今週来週と取り扱う作品が太宰治の『ヴィヨンの妻』だったのですが、これに合わせて文庫を買って読みました。文学作品読みたいなーとおもいつつ、どこから読もうか迷ってたので、これをきっかけに「J ブンガク」に合わせて読んで行こうとおもいます。気が向いたら朗読も。

ギフト」は、ほんと名言が詰まってますね! すごくたくさん紹介されててびっくりしました!(ちょっと「いつまでつづくんじゃー」と焦りました)そして、第1回の羽生さんのことばは、語学講座をはじめた人への NHK からのメッセージでもあるように感じました。


あまり深いこと考えず、NHK の講座はどれも、「たのしくつづける」をモットーに取り組んでいきたいとおもいます

  
コメント
コメントする









       
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。