スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


海外ドラマを学習素材として使うことについて考えてみました(3)
関連する過去の記事はこちらです。
海外ドラマを学習素材として使うことについて考えてみました(1)
海外ドラマを学習素材として使うことについて考えてみました(2)

そして、今回の記事は「多読・多聴の素材を選ぶコツ」をテーマにしたいのですが…内容は Wood さんに丸投げします(笑)というか Wood さんがすばらしい記事を書いていらっしゃるので、ぜひ「多読・多聴」に関心のある方はご覧になってください!

【楽しく学ぼう!英語!】英語の多聴・多読について考えてみた。

これに限らずなのですが、わたしは Wood さんのご意見に大賛成です。多聴・多読は、純粋に内容を楽しむことが一番です。だから「自然と「多・○○」になるハズ」なのです。

さてさて、わたしが上の Wood さんの記事を読んでいて、注目したのが次のパラグラフです。

そうやって考えてみると、今一度、自らに問いてみるといいかも知れませんね。「何故、自分は英語を勉強しているのか?」ってね。現時点での英語力の高低、取得した資格の高低、点数の高低が問題じゃないですよ。あくまで、今の自分のその原点・動機をたどってみたら、多聴・多読というものが、いかに「普通のこと」かわかるような気がしないでもないです。


「何故、自分は英語を勉強しているのか?」とふと考えると、それはやっぱりもちろん「英語の使い手となるため」であって、「TOEIC 990」とか「英検1級」とか「TOEFL iBT 120」とかじゃないです。

そして、個人的には、周りの英語学習者の方たちにも、単に資格試験のためだけでなく、少しでも英語の楽しさを知ったのなら、「英語の使い手を目指してほしい!」「一緒に目指そうよ!」と思ってしまうのです。余計なお世話かもしれないけど…

今こうして書いていて思ったのですが、きっと「海外ドラマを学習素材にしてしまう」ということについて、「んー」と唸ったのも、この気持ちがあったからだと思います。「学習素材」になった瞬間、「試験のため」になるのが悲しかったんだと思います。

多聴・多読が英語の知識に「血を通わせる」ものとすれば、まるで「血を抜かれた」ような…大袈裟だけど、そんな気がして、代わりにわたしが青ざめます(笑)

んーでも、いろんな方がいろんな目的で学習されていることを考えれば、もちろん学習スタイルとしていろんな形があっていいと思うし、全く問題ないです。むしろそれがおもしろかったりするし。あくまで個人的な感情として、自分の考えを整理するためにも書かせていただきました。

  
コメント
色々あっておもしろい
あーひゃさん、こんばんは!

いやはや、無駄に長い自分の記事、ご紹介ありがとうございます。


それぞれ人は置かれた状況や現時点での備わった英語力がありますから、その時期その時期で求められる作業や濃度って違うと思います。だからアプローチやその興味の対象は色々違って当たり前だし、それがまたおもしろいのですよね。記事を書いててそんな風に思いました。

逆に今の自分は・・・多聴・多読に逃げちゃってるフシがあります^^;楽しい方楽しい方へ流れてるといいますかね。「自分が今、楽しいと思っている媒体(本や映画)をもっと楽しくするために、踏ん張る」ってトコが欠けてるのですよねぇ、最近。



きっとその辺り、具体的に書かずとも、あーひゃさんなら理解してくれると思います・・・。
---------- Wood. URL│12/11. 20:07 [ 編集 ] -----

あーひゃさん、こんばんは☆

人それぞれ理由、立場があるとは思いますが、
試験only」は私も勿体無いと思いますね。
「英語=使う」ってイメージが私の場合強いので。

私の目標は、日本人としての誇りを持ち、英語を使い、
海外の人とコミュニケーションを取れる人間になることです。
だから、TOEICは私にとって通過点と言う位置づけです。

今日、映画のDVDを字幕なしで観ていましたが、
英語の台詞に反応して、笑ったり、泣いたり、
「これが私が好きなことなんだよね」って改めて思いましたe-420

英語のスタイルって星の数程あると思いますが、
自分の英語スタイルを大切にしつつ、状況に応じて、
柔軟に別スタイルを吸収できるといいかもしれませんね。

どのスタイルにせよ、根底にあるのは英語が好きってことでしょうね^^
好きって気持ちには強いパワーがあると思いますe-415
そのパワーを結果に変えていける様に、お互い頑張りましょう♪
---------- はる. URL│12/12. 00:17 [ 編集 ] -----
Wood さん
コメントありがとうございますe-420

> 逆に今の自分は・・・多聴・多読に逃げちゃってるフシがあります^^;楽しい方楽しい方へ流れてるといいますかね。「自分が今、楽しいと思っている媒体(本や映画)をもっと楽しくするために、踏ん張る」ってトコが欠けてるのですよねぇ、最近。

逃げちゃってるフシ…わたしもちょっとあるかもです。「多読・多聴」といわゆる知識の整理としての「お勉強」は両方あってその効果がより高まるということを日頃から意識したいです。最近はこれもまた Wood さんのある記事に影響を受けて気がけていることがあります。へへ。
---------- あーひゃ. URL│12/12. 08:33 [ 編集 ] -----
はるさん
コメントありがとうございますe-420

> 私の目標は、日本人としての誇りを持ち、英語を使い、
> 海外の人とコミュニケーションを取れる人間になることです。
> だから、TOEICは私にとって通過点と言う位置づけです。

はるさんも「使い手」ということを意識されていらっしゃるとのこと、とってもうれしいです! ぜひぜひはるさんと一緒に力をつけていきたいです!

> 今日、映画のDVDを字幕なしで観ていましたが、
> 英語の台詞に反応して、笑ったり、泣いたり、
> 「これが私が好きなことなんだよね」って改めて思いましたe-420

いいですよねー! わたしも毎朝フレンズ観ながら笑うのが幸せなひとときだったりします。

> 英語のスタイルって星の数程あると思いますが、
> 自分の英語スタイルを大切にしつつ、状況に応じて、
> 柔軟に別スタイルを吸収できるといいかもしれませんね。

大切なのは柔軟性ですね。いろんなやり方を試しながら、そのときそのときに必要なものを取り入れて行くのがいいかもです。

> どのスタイルにせよ、根底にあるのは英語が好きってことでしょうね^^
> 好きって気持ちには強いパワーがあると思いますe-415
> そのパワーを結果に変えていける様に、お互い頑張りましょう♪

そうですそうです! やっぱり好きって気持ちですよね! その気持ちを忘れず、楽しみながら、しっかりと結果を残したいです。
---------- あーひゃ. URL│12/12. 09:17 [ 編集 ] -----
コメントする









       
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。