スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


海外ドラマを学習素材として使うことについて考えてみました(2)
前回の記事にいただいた Wood さんのコメントがとてもすばらしいので、『えいごろりん』にいらっしゃった方にぜひ読んでいただきたく、引用しまくって、記事にさせていただくことにしました。あと、前回書き忘れていたことも思い出したのでそれも一緒に。

どんな話をしていたか、ざっくり言ってしまうと、「海外ドラマ(映画もそう)は、学習教材として使うよりも、多聴する方が、付き合い方としていいと思うよ」という話です。

そこで、わたしが述べた「海外ドラマを英語生活に取り入れる利点」が以下の2点でした。

日常会話での応答を様々なバリエーションで学ぶことができる。
ことばの背景にある文化を学ぶことができる。


そして、「海外ドラマをどう観るか」ということについて以下の2点を述べました。

よく聴き取れなかったところは基本的にスルーしてどんどん聴くこと。
あまり日を空けずコンスタントに観ること。お勧めは1日1エピソード。



今、こうして前回の記事を整理して思ったのですが、わたしの書いた内容では「どうして多聴の方がいいのか」というところがほとんど書かれていませんでした。これでは主張として弱いです…が! そこを Wood さんがコメント欄でサポートしてくださいました! 引用させていただきます。

多聴・多読って・・・思うに、あんまり「学習!」って要素を
入れ込まない方が良いように思いますね。なんといいましょうか・・・
「学習」には効率重視みたいな要素があると思いますが、多聴・多読って
英語の息吹きを感じるといいましょうか。効率よりも、身体に
沁み込むような・・・。時間のかかるものです。


「学ぶぞぉ~!」って意識を強くもつような作業と、「楽しむぞぉ~!」
って意識を強くもつような行為は、線引きした方がいいですね。
そうすれば、根をつめて勉強した後に、あくまで気分転換として
洋書や洋画を楽しめますから。そしてそれは相乗効果になるはずです。
脳内の知識を整理するのが試験勉強であったり地道な作業
(シャドウイングやライティングや語彙力強化など)であるならば、
洋書や洋画は、その知識に血を通わせるといいましょうか。
どちらも必要ですよね。



お勉強のときは「分からないところ」を徹底的につぶしていくことに力を注ぐのに対し、多読多聴のときに着目すべきは、「どれだけ分からないか」ではなく「どれだけ分かるか」だと思います。どちらも重要で必要なアプローチだと思います。もっとも、最近のわたしは前者に関して手を抜き過ぎているので反省すべきところなのですが…(←こんな偉そうに記事を書いている場合ではないです

ただ、これから海外ドラマや映画を英語生活に取り入れようとされてる方、または、以前取り入れたけど苦い想い出があって大量の DVD だけが残ってしまっている方に、少しでも参考になればと思って今回記事にしてみました。日本語字幕で一通り観るだけで全く構わないです。ぜひ気楽に、リラックスして観ていただけたらなーと思います。


…おっと、また書き忘れるとこだった! 最後に、『フレンズ』にしても、あとわたし『HEROES』も観てるんですが、この『HEROES』にしても、一番内容を掴むのに大変なエピソードは、第1話(パイロット)です。たぶんこれは映画を観るときや小説を読むときとかも同じだと思うのですが、入った世界の状況を把握するのに結構頭を使います。なので、ぜひストーリーを理解することに集中してください。初めっから「お勉強モード」で入ってしまうと、What's going on? What the hell are they saying? となってしまって頭が混乱し、途中で停止ボタンを押すことになってしまう可能性が高いと思います…それじゃあもったいないです。わたしが学習教材として利用することを懸念するのはこんなところにも理由がある、という話でした。ちゃんちゃん。

  
コメント

あーひゃさん、お久しぶりです。こんばんは☆

海外ドラマって使い方しだいで、良くも悪くもなりますね。
私も多聴として観るのが良いと思いますねe-287
上達するには絶対量は必要ですし、その量を蓄積するのに、
海外ドラマを上手く利用すると良いですよね。

ドラマを観る目的って、そのストーリや世界観を楽しむことなので、
やはり「楽しい」って気持ちがないと観るのが大変ですよね(>_<)
それは日本のドラマでも、海外ドラマでも、同じなのかなと思います。


<「どれだけ分かるか」

ここも同感です!!海外ドラマを観ていていつも感じることは、
「台詞が分かった→嬉しい→やる気が上がる」です。
やっぱりストーリーが分かるからこそ楽しいんですよね♪

ストーリーを理解できているかどうか、メンテナンスを入れる為に、
たまに単語を調べたり、言い回しをメモしておくのが私の観かたです。
回数を重ねるごとに理解が深まっていくのも嬉しいですよねe-415

最近、海外ドラマはごぶさたなので何か観ようと思います♪
---------- はる. URL│12/05. 19:52 [ 編集 ] -----
はるさん
お久しぶりです! コメントありがとうございますe-420

> 私も多聴として観るのが良いと思いますねe-287
> 上達するには絶対量は必要ですし、その量を蓄積するのに、
> 海外ドラマを上手く利用すると良いですよね。

そうですよね! 重視しているのは絶対量ですよね! 質よりも量! 大量の英語を入れることですよね!

> ドラマを観る目的って、そのストーリや世界観を楽しむことなので、
> やはり「楽しい」って気持ちがないと観るのが大変ですよね(>_<)
> それは日本のドラマでも、海外ドラマでも、同じなのかなと思います。

興味のないものを勉強のためだからと言って観るのは、よほど M でない限り厳しいですよね(笑)少なくともわたしは S なので(←そんなこと聞いてないe-330)好きなものじゃないと観れないです。

> 「台詞が分かった→嬉しい→やる気が上がる」です。
> やっぱりストーリーが分かるからこそ楽しいんですよね♪

ですよね♪ ですよね♪ 自分のリスニング力があがった(ように感じる)ことで「もっと勉強するぞ!」と単語覚えたり、問題集解いたりしようとしますよね! 相乗効果ってすてきです。

> ストーリーを理解できているかどうか、メンテナンスを入れる為に、
> たまに単語を調べたり、言い回しをメモしておくのが私の観かたです。

はるさん、すばらしいです。わたしも観ていてどうしても気になったところに関しては巻き戻して英語字幕を表示させて意味を調べたりしますが、めったにしないです。でも、聴いていて「あ! この表現使える!」と思ったりすることはよくあるので、そういうときにちょっとメモするのいいですね。

> 回数を重ねるごとに理解が深まっていくのも嬉しいですよねe-415

これ、すっごく嬉しいですよね! 前はよく分からなかった箇所が、しっかり理解できて笑えるとか、それだけで楽しいです。

> 最近、海外ドラマはごぶさたなので何か観ようと思います♪

ぜひぜひ♪ 最近のはやりは『Gossip Girl』ですね。以前は CATV でいろんな海外ドラマ観てたのですが、最近(特に FOX)はシリアス系ばっかりですっかり CATV から離れてしまいました。レンタルでいろいろ最初の1枚だけ借りてくるのもいいかもですね!
---------- あーひゃ. URL│12/06. 15:43 [ 編集 ] -----
コメントする









       
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。