スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


海外ドラマを学習素材として使うことについて考えてみました(1)
「英語学習と海外ドラマ」。以前から気になっていたテーマです。わたし自身の考えを整理するためにも、ちょっと記事にしてみたいと思います。

「映画1日1本キャンペーン」開催中のため、最近の記事に海外ドラマが登場していないのですが、今でも継続して毎日『フレンズ』を観ています。朝食を取りながら1日1エピソード。現在は字幕なしの英語音声のみで観ています。1エピソードは20分ほどなのでちょうど食べている時間に観れます。(朝食はしっかり食べるので食べ終わるまでに20分くらいかかるのです。)

んで、結論から言うと、「海外ドラマを学習素材とみなして付き合っていく」のは、ちょっと危険かな…と個人的には思っています。危険というのは、海外ドラマを観る良さを知る前に、観ること自体を苦痛になって投げ出してしまうんじゃないかなーという意味です。

海外ドラマを観る利点はいくつかあります。たとえば、TOEIC で言えば Part 2 にあたる日常会話のやりとりがドラマの中で絶えず交わされるので、様々なバリエーションを知ることができます。TOEIC 本番での Part 2 には、それまで参考書などで聴いたことのないひねった問題が出たりしますが、そのようなものも簡単に適切な応答を選ぶことができると思います。もちろん試験だけでなく、自分自身が英語で会話する機会にもとっても役立ちます。わたしはよく海外ドラマの登場人物たちを思い浮かべて、「彼らならこういう言い回しをするだろうな」と考えながらしゃべったりします。イントネーションも真似できるのでほんとに生きた英語という感じです。

あと、個人的に重要だと思うのが、英語圏の文化を学ぶということです。海外ドラマを観るのにどんなジャンルを選ぶかはもちろん個人の好みが第一です。興味のないものを観るのは苦痛です。ただ、わたしが『フレンズ』をお勧めする理由は、「英語圏の文化についていろいろと学ぶことができるから」です。ことばと文化を切り離すというのは非常に難しいことです。言い換えれば、その言語の文化を知っている知っていないで、話の意味が通じたり通じなかったりします。だから、ことばを学ぶ以上、そのことばの文化も学ぶのが自然で大切なことだと思います。『フレンズ』のような、普通の人たちの普通の生活を描いているようなドラマだと、普通に英語圏の人たちの日常的な習慣や特別なイベントがごく自然に出てくるので、そのような文化を持たないものとして、興味深く観ることができます。

なんだか長くなってしまっていますが、最後に「じゃあ、どういう付き合い方をしたらいいのか」ということについて、わたしなりに考えてみます。ポイントとして、海外ドラマは多聴に使うのがいいと思っています。どんどん聴くこと。多読の考え方と同様、よく聴き取れなかったところは基本的にスルー。ただし、話の流れを理解する上でどうしても分からないと困るところ、どうしても何と言っているか気になるところについてはチェックしていいと思います。始めて観るエピソードなら、日本語字幕を付けていいと思います。というか、音に慣れることと内容を理解することが目的なので、海外ドラマを観る機会があまりなかった方なら、むしろ日本語字幕をお勧めします。そして、日を空けずコンスタントに観ること。個人的には、1日1エピソードが長く続けるのに適しているように感じています。週末にまとめて観ると、翌週、話の流れを忘れてしまう可能性がありますし、1日に複数のエピソードを観るのは結構大変です。わたしは1エピソード観ると「もう1エピソード観たいなー」と思ったりするのですが、明日の楽しみに我慢するようにしています。

いろいろと書きましたが、一番大切なのは、ストーリーを楽しむこと、それだけです

  
コメント
英語の呼吸を・・・(長文コメントすみません)
あーひゃさん、こんばんは!(おはようございます、かな)

英語をあらためて学ぼう!と決めて、最初の数年間、試験モノを一切
触れなかった自分にとって、洋書・洋楽・洋画は凄く身近に英語を
感じるものでしたし、今でもそうですね^^1年に1台はDVD
プレーヤー壊してましたから(笑)


多聴・多読って・・・思うに、あんまり「学習!」って要素を
入れ込まない方が良いように思いますね。なんといいましょうか・・・
「学習」には効率重視みたいな要素があると思いますが、多聴・多読って
英語の息吹きを感じるといいましょうか。効率よりも、身体に
沁み込むような・・・。時間のかかるものです。



だから試験や点数に即座に反映されるなんてことを期待して、
しかも読みたくもないものや観たくもないようなものを無理して
やっても、効果はすぐには出ないわ苦痛だわで意味がないような
気がします。




「学ぶぞぉ~!」って意識を強くもつような作業と、「楽しむぞぉ~!」
って意識を強くもつような行為は、線引きした方がいいですね。
そうすれば、根をつめて勉強した後に、あくまで気分転換として
洋書や洋画を楽しめますから。そしてそれは相乗効果になるはずです。
脳内の知識を整理するのが試験勉強であったり地道な作業
(シャドウイングやライティングや語彙力強化など)であるならば、
洋書や洋画は、その知識に血を通わせるといいましょうか。
どちらも必要ですよね。(自分には、その前者が足りない 涙)



どれもこれも「英語の学習」なんて気持ちでやる必要はないと
思いますね。疲れちゃいますよ、それでは。




ちなみに自分は、「フレンズ」は殆ど観た事がないです(笑)
適当にテレビのチャンネルまわしてたらやってたのを観たくらい^^;
なんとも偏った映画ばかり観ているような気がします(笑)



あと、洋画を観ている時によくやる遊びは、俳優の台詞に対し、
別の俳優のその台詞に対する返事となる台詞を予想して、先に
答えること(笑)何回も観た映画だと台詞がわかっちゃってるので
駄目ですが、初見の映画やまだ回数観てない映画だと結構
楽しめます(笑)
---------- Wood. URL│12/03. 04:28 [ 編集 ] -----
Wood さん
長文コメント大歓迎ですe-348e-420

そして、Wood さんのご意見、I totally agree with you です! むしろわたしの記事本文なんかより、Wood さんのコメントの方が本質的なことが書かれていてとっても有用です!

「英語の息吹き」「身体に沁み込む」「血を通わせる」…すてきな表現ですe-446 

> あと、洋画を観ている時によくやる遊びは、俳優の台詞に対し、
> 別の俳優のその台詞に対する返事となる台詞を予想して、先に
> 答えること(笑)何回も観た映画だと台詞がわかっちゃってるので
> 駄目ですが、初見の映画やまだ回数観てない映画だと結構
> 楽しめます(笑)

わたしもやります、この遊び! 当たったときはすっごいうれしいです! ひとりで得意げになったりして。普通に日本のドラマとかでもやっちゃいますが(笑)
---------- あーひゃ. URL│12/03. 11:00 [ 編集 ] -----

あーひゃちゃん、こんにちは。
海外ドラマを既に英語学習の教材にし始めちゃってるOJiMです。^^ゞ
しかもディクテーションという多聴とは対極にある学習方法の教材にです。

とりあえずフレンズを3話日本語字幕で見てみました。ストーリーは気に入りそうです。

そして、ディクテーションは始めたばかりですが、かなり手強いです。挫折寸前です(爆)
なのでこれがトラウマになって海外ドラマが嫌いになってしまうリスクはあるか もしれませんね。。

でも、とりあえず、1話やり切ろうと思います。途中経過はブログで公開していこうと思いますのでお楽しみに♪
---------- OJiM. URL│12/03. 21:55 [ 編集 ] -----
OJiM さん
コメントありがとうございますe-420
お察しかもしれませんが、この記事を書くことのきっかけの1つは OJiM さんの記事です。がっつり勉強モードで『フレンズ』と向き合うという内容を読んで、しばしフリーズしました。Mac ではなく、わたしが(笑)

> とりあえずフレンズを3話日本語字幕で見てみました。ストーリーは気に入りそうです。

よかったです。こういうドラマは本当に好みが分かれてしまうので。特に第1話(パイロット)は重要です。とりあえず、よかったです。

> そして、ディクテーションは始めたばかりですが、かなり手強いです。挫折寸前です(爆)
> なのでこれがトラウマになって海外ドラマが嫌いになってしまうリスクはあるか もしれませんね。。

そうなんです…そこが懸念するところであり、わたしがフリーズした理由です…

せっかくやる気になっていらっしゃるにも関わらず、水を挿すのもなんだなと思ってコメントせずにいました。でも、そこまで取り組めるということについては本当に脱帽です。途中経過、楽しみにしています!
---------- あーひゃ. URL│12/04. 18:35 [ 編集 ] -----

あーひゃちゃん、
そうでしたか、フリーズさせちゃいましたか?スミマセン。m(__)m
そして、(私のために)こんなにきちんとした記事にまでしてアドバイスをしてくれて、どうもありがとう。感激してます。

公開コメントに書くのはこっぱずかしいのですが、これまでにもあーひゃちゃんの英語学習やTOEICに関するアドバイスはほぼ全面的に納得し信頼しています。
なので、気が付いたことがあれば、遠慮せずコメントしてください。
出来れば、「なにやっちゃってんの!」くらいの上から目線で。v-217
---------- OJiM. URL│12/05. 12:38 [ 編集 ] -----
OJiM さん
コメントありがとうございますe-420

> そして、(私のために)こんなにきちんとした記事にまでしてアドバイスをしてくれて、どうもありがとう。感激してます。

いえいえ、いろんな方のブログを拝見していて、普段から結構「うーん」と思っていたところなのです。TOEIC blogger さんたちは真面目な方が多いので、それがかえって多読多聴の障害になってしまってる気がするなーと。わたしはかなり大雑把な性格なので、全く問題ないのですが(笑)

そして、もっと言ってしまえば、この真面目さが日本の英語教育にもある意味もったいない影響を及ぼしていて「小学校英語教育反対!」とか言っている人たち(その中に英語教師までいるのはかなり疑問)の意見に「うーん」と手を拱いてしまうのです。

> 公開コメントに書くのはこっぱずかしいのですが、これまでにもあーひゃちゃんの英語学習やTOEICに関するアドバイスはほぼ全面的に納得し信頼しています。
> なので、気が付いたことがあれば、遠慮せずコメントしてください。
> 出来れば、「なにやっちゃってんの!」くらいの上から目線で。v-217

こんな小娘を信頼してくださってありがとうございます。こーれはわたしもしっかり成果をあげなければなりません。よし。
---------- あーひゃ. URL│12/06. 15:20 [ 編集 ] -----
コメントする









       
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。