スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「根拠のない壁を作らないでください」
うー、さむい…ということで、ごそごそと電気ストーブを出してきて、さっそくあったまっているあーひゃです。

masamasa さんの記事を読んで、『情熱大陸』の紀里谷和明氏の回を思い出しました。それまで紀里谷さんというと、宇多田ヒカルの(元)旦那さんということしか分からず、なんとなくクールな人なのかなーと勝手に思っていたのですが、『情熱大陸』で彼がとてつもなく「熱い」男の人だと知り、かなり驚きました。



今回ご紹介するために、ちょっと YouTube で探してみたのですが、見つけた映像は残念ながら、わたしが masamasa さんの記事、というか、大西先生のことばからつながったシーンがカットされていたので、リンクはあきらめました。

それで…その紀里谷氏のことばなのですが、紀里谷さんが東京経済大学でワークショップを行った際、学生から「僕は絵が苦手なんですけど、単純にまず絵コンテが描けなきゃ…」と発言があったときのことです。紀里谷氏は、次のように言いました。

えっと、まず君の今の質問の問題点。「僕、絵が下手くそなんで…」って言ってるじゃん。もうその時点でアウトだよね。下手だったらさぁ、練習すればいいじゃん。描けるように。下手だと思い込んでるだけなんだよ、あなたは。


そして

根拠のない壁を作らないでください。私は絵が上手くない。私は歌が上手くないから。私は学校に行ってないから。私は育ちが悪いから。私は日本人だから。それは根拠のない壁ですよ、それは。誰がそれを植え付けたの?


さらに

厳しいんですよ世の中は、みなさん。それくらい世界は厳しい、本当に。自然も厳しいし。そうじゃん? シマウマとか食べられちゃうんだもん。


言い訳してる間にやられちゃわないように、隙は見せちゃいけない。

  
コメント
コメントする









       
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。