スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第145回TOEIC公開テスト受験後記
2009年3月15日、第145回TOEIC公開テストを受験してきました。少し遅くなってしまいましたが忘れていないうちにレポートしようと思います。

当日は、自宅でしっかりと朝食を取って、いつものウーゴ2ユニットに取り組み、ゆったりと過ごして11時半頃に会場の某大学へ着くよう家を出発しました。わたしの受験する教室前についたのが11時40分頃。すでに受付を待つ人たちの長蛇の列ができていました。とても大きな教室で、受験者の席を数えてみたら横12人(1つの長机に4人掛け、それが3つ)に縦22列で264人分ありました。3月に受験する人、本当に多いんだなーと思いました。そして今回驚いたのが、席を6つのブロック(横3つ×縦2つ)に分けて、それぞれのブロックの前に1台ずつスタンドのスピーカーが置かれていたことです。ここまで配慮されていることにとても感動しました。大教室の割と後方の席での受験でしたが、音声の聞き取りには全く問題ありませんでした。試験前の休憩時間にはバナナを1本食べて、2時間集中するためのエネルギーをチャージしました。

TBRでも伝えられましたが、今回わたしが受験したテストのフォームは、4FIC6 でした。(同じフォームで受験されたTOEICブロガーの方々は、mappy_mappyさんmasamasaさんpattyorinoさんresearcher1980さんWoodさん三羽四郎二郎さんルンバさんです。マイナーフォームで一緒だとなんだかうれしいです。)Part 1は次の10枚の写真でした。順不同です。フォーム5との共通問題はTEX加藤さんの記事を参考にさせていただきました。ありがとうございます。

・男性がスクリーンを指している pointing at the screen
・女性が料理している preparing a meal
・女性が雑誌を立ち読みしている glancing at a magazine
・男性二人がスーツケースを運んでいる pulling suitcases on wheels
・男性が袋を引きずっている dragging a bag?
・男性がバイクの横で膝をついている kneeling by the motorbike?
・女性がコピーしようとしている document on a glass?
・人々が横断歩道を渡っている crossing the street
・海辺の風景 clouds in the sky
・ピアノの前に椅子 chairs in front of the piano
3月20日 午前11時、三羽四郎二郎さんの記事を拝見して一部訂正しました。

Part 1、難しかったです。しっかり集中していないとバイクの写真や海辺の風景の写真を描写しているときに使われていた動詞の微妙な表現でひっかかってしまいます。バイクの写真ではわたしは "set on" と聴こえた気がしたので、TBRの掲示板でMASAさんがおっしゃっていた "settle on" とアナウンスされたのだと思います。それと "kneeling" という表現を知らなかった上に聞き取れなかったので、ヘルメットを選んでしまいました。風景の写真では、最初 tree と plant が入ったもの(選択肢B)を選んだのですが、そのあと "There're clouds in the sky."(選択肢C)を聴いて、間違いなく空に雲があったので迷いました。取りあえず、Bをマークして解答用紙の方の問題番号に印を付け、Part 7 まで解き終えたあとの見直しの際に、「きっと "Some trees are being planted." って言ってたんだろうなー。"There're clouds in the sky." が間違いの理由が見つかんないなー。」と思い、Cに塗り直しました。

Part 2 は難易度としてはあまり高くなかったと思うのですが、Part 1 同様、集中していないと「最初何っていってたっけ?」とさっぱり解答の検討がつかなくなってしまいます。Part 2 は問題が過ぎ去ってしまうのであとから考え直すことができませんが、自分の出来具合を把握するために一応よく分からなかったものに解答用紙の問題番号にチェックをしていました。2問チェックしていたと思います。恐らく他にも勘違いで選んだものがあると思うので、出来具合では下手したら8割かなぁと思います。

Part 3 と Part 4 はまず問題なくできたと思います。1月の試験もそうでしたが、以前は苦痛だったこの2つのパートが、意外と素直で分かりやすい問題だというふうに感じられるようになりました。やはりコンテキストのあるものの方が英語が生きていて自然なのかもしれません。

リーディングは、これまでに受けてきた中で、一番よくできたと思います。(←よくいう台詞)Part 6 では相変わらずいくつかミスをしてしまいますが、Part 5 では分からない単語に出会う機会が大幅に減り、Part 7 は、しっかり理解して解答できるようになりました。ただ、今回 Part 7 を解いていて感じたのが「この記事はどのメディアに掲載されると推測されるか」という問いの答えは難しいということです。3つほどあった気がしますが、どの問題も「絶対にコレ!」という、つまり「他の選択肢は明らかにありえない」という感じではなかった気がします。結果的に一番無難そうなものを選びましたが、あまりいい問題じゃないなぁ、と思いました。

全体的な手応えとしては、いつもの「んー」ですが(笑)気楽に来月スコアシートが送られてくるのを待とうと思います。大学の事務手続きの都合があって、できれば発送予定日より1日でも早く着くとありがたいのですが、これも全く分からないので、早く届いたらラッキーだなー、と思っていようと思います。

  
コメント
先日はお疲れ様でした^^
あーひゃさん、こんばんは。「うそかまことか?!」の Wood です。はじめまして。

「あれ?新しいトコからリンクされてるな・・・」と思ったら、あーひゃさんのところでした。リンクありがとうございます。

まずは、先日のTOEIC&TBR、お疲れ様でした。日本語とはいえ、掲示板に書かれた文章をリアルタイムに近い形で読み上げるのは大変だったかと想像します。

マイナーな4FIC6・・・自分はあのヘルメットより、ピアノの前の椅子と海辺でトチりました。

ピアノについては、ドラムセットが「assemble」云々と迷ってしまいました。幽体離脱した状態(=集中が欠けた時のこと)で聴いてて、「あれ?椅子って・・・単数だった?複数だった??あれ?assemble って組み立てられ・・・あれ?組み立てられてる?組み立てられた??」と・・・(涙)そして海辺の問題は・・・もう、どんな問題だったすら、覚えておりませぬ(涙)この辺りが、900点・・・それも990点に近い立場の方々との大きな差なんだなぁと思ったり。

次にTOEICを受ける時は、今回以上にもっともっと問題を楽しんでこなせるようになりたいです。「ふむ・・・ここはこいつで引っ掛けようとしてるっしょ?あかんでぇ~そんなんにはひっかからへんでぇ♪」みたいに^^7月に受ける予定です。

長文すみません。今後とも、ブログ、楽しみにしています。また宜しくお願い致します。
---------- Wood. URL│03/19. 21:17 [ 編集 ] -----
お久しぶりです!
こんばんは!お久しぶりです Part1がこんなに難しいとは。。と思いましたよね でもあーひゃさんの理解度はさすがというか私の場合はA・・これちがうなあ B・・う~ん C・・う~ん 次が正解だろう D・・これじゃない気が? たしかTreeっていってたし 駄目だ~~ってそんな感じですから(笑) Part7の問題でどのメディアに掲載されるのかって言うのは根拠がちゃんとあるかと思って行ったり来たりして時間をものすごい食ってしまいました。TOEICは迷うことは厳禁だと痛感しました。
あーひゃさん900点超えているといいですね!!
---------- researcher1980. URL│03/20. 20:11 [ 編集 ] -----
Woodさん
コメントありがとうございます (_ _*)
Part 1 のイスの写真、後ろにはピアノとドラムセットでしたね!確か(A)の選択肢でピアノの前にあるという話があって、すぐにマークしたのですが、そのあとドラムの assemble の話が出てきてわたしもちょっと迷いました。結局自分がドラムの話が間違っている明確な理由を持った上でピアノにしたかどうかは覚えていませんが、ただ今回痛感したのは、しっかり聴いていないと分かんないな、ということです(苦笑)Woodさんがおっしゃるように、きっと超ハイスコアレベルとの差です。
Woodさんは次回は7月に受験されるんですね。ぜひぜひ出題者の狙いを余裕で見抜いて TOEIC を満喫されてください!これからもどうぞよろしくお願いします。e-113
---------- あーひゃ. URL│03/23. 13:50 [ 編集 ] -----
researcher1980さん
コメントありがとうございます (_ _*)
ほんとに、Part 1 難しいです。今回は特にあまり集中できなかったので余計に「あれ?何だったっけ?」というのが多かったです。全然、理解度低かったですよー。e-330
researcher1980さんのおっしゃる「迷うことは厳禁」、その通りだと思います!わたしは今回、とにかく試験時間内に解き終えることが唯一の目標だったといっていいくらい、それだけに集中して、わからないものはすぐに「あとででいーやー」と軽くチェックし、次の問題へ進んでいきました。リスニングでも、今回は何よりリーディング全問解答が大事で、リスニングでは満点取らなくていい、と最初からプレッシャーをなくしていたので、ちょっと分かんなくても「まいっか」で済ませられました。今、改めて振り返ってみると「切り替え」というとなんだか大袈裟な感じがするというか、かっこよすぎて合わない気がしますが、「気にしないこと」ができてよかったなーと思います。本当にリラックスして取り組めました。これがどういう結果をもたらすのかはわかりませんが、本人は全部自力でマークしたということだけで満足しています(笑)
---------- あーひゃ. URL│03/23. 14:33 [ 編集 ] -----
コメントする









       
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。