スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『不思議の国のグプタ』レビュー
あーひゃです。
日本から友人に送ってもらったこちらの本を読了しました。

 不思議の国のグプタ ― 飛行機は、今日も遅れる



こっち(アメリカ)で知り合った日本人の女の子が
もうすでに帰国していまして
せんじつ電話ではなした際にこの本のはなしをしたら
「送るよー!」と言ってくれました。感謝。

彼女がまだこっちに滞在していたときから
英語の質問や、英語学習、TOEIC 学習の相談を受けていまして
さいきんまた興味深い質問をもらったので
そのうち彼女の了解を得て記事にしたいとおもいます。


はなしは戻ってこの「グプタ本」。
TOEIC と親しくなるのにいい本だとおもいました。

ちょっと専門用語をつかうと
「スキャッフォールディング(scaffolding)」にいいなーという感じです。

ヒロ前田さんプロデュースなので
善かれ悪しかれ彼の色がかなり濃く反映されています。
マニアには好まれるとおもいますが
一般読者が置いてきぼりになるのではと心配してしまいます。

でもさいしょに書いたとおり
TOEIC と親しくなるのにほんとにいい本だとおもいます。
試験をうける上でその試験と仲良くなるというのは
試験対策(test-taking strategy)として大事なことのひとつなので
TOEIC に対して苦手意識の強いひとにおすすめです。

スポンサーサイト
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。