スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


英検1級プラ単の例文にこんなのが
The university was looking for a guest lecturer who was conversant with the latest research in linguistics, so it seemed that Professor Noam Chomsky would certainly fit the bill.

そんな…よっぽどの大学じゃないと…チョムスキーなんて…畏れ多い…

スポンサーサイト
iPad にやられてしまった
iPad にすっかり魅了されたあーひゃです。午前中に Keynote がアップされたのでさっそく観ました。相変わらずの Jobs のすばらしいプレゼンと(前回はちょっとまだ元気がないようにおもったけど、今回は「復活!」って感じでした)、Apple のディバイスへの想いに、もう感動です。

「mobile device の新たなカテゴリー。smartphone と laptop の間に作るとしたら、それは絶対に、その両者に勝るものがなければならない。netbook があるが、それではダメ。なぜならば、netbook は、laptop がただ安いだけだから。多くの面で laptop に劣るから。」

ほかの真似はぜったいせず、新たな時代をつくっていく、まさに creator な Apple。デモのときに、ソファに腰掛けて操作するっていうのも、そういう環境もトータルでプロデュースしてるって感じで…はぁぁぁ。かっこよすぎる。

…ただ問題は、日本の企業があまりに囲い込みを行うので、消費者の自由が奪われていること。最高のディバイスがあっても、iTunes で買える音楽、映像、本が限られるのではもったいない。せっかくの市場なのに。

日本の企業のみなさん、iPad 発売を期に、思い切ってみましょう! 期待してますよー。


More about iPad: http://www.apple.com/ipad/

そうそう、iPad と iPod ってよく見たり聞いたりしないと、どっちのこと言ってるのか間違えちゃいますね 母音の発音ってむずかしい…

「えいごろりん」が 2 周年を迎えました
おととい(25日)をもちまして、どうやら 3 年目に突入したみたいです! うわー。

管理人としては、よく続いたなーというのが正直な感想です。これもひとえに、ブログを訪れてくださるみなさんのおかげです。ほんとに支えられています。ありがとうございます (_ _*)

そういえば、去年のアニバーサリーの日も、特別な記事とか書くことなく終わってしまっていました。ちょっと遅れてしまったけど、ことしはちょっとなにか書いてみようかな。

ブログ「えいごろりん」は、もともと TOEIC スコアをアップさせるための学習記録をつける場としてはじめました。はじめた当初は、その目的からブログ名を「☆あーひゃ、TOEIC860を目指す☆」としていました。その後、「TOEIC860を目指す☆」に変わって、あるとき(いつかは忘れました…)それまでとぜんぜんちがう「えいごろりん」というブログ名に変えました。

ブログ名を「えいごろりん」に変えた理由は、ブログの内容を TOEIC に特化したものから、英語学習全体に変えたいとおもったからでした。TOEIC で目標スコアととったら止めようとおもっていたブログでしたが、ブログをつうじて知り合ったたくさんの方々と交流する中で、「この人たちといっしょに英語学習を続けたい」というおもいが強くなったのです。そして、英語学習に対して、「肩の力を抜いてもっと気楽に、楽しく取り組んで行きたい」そう感じて、ブログ名をこんな気の抜けた(?)ものにしました。

つくった当初とは方向性が変わっていて、またこれからもどんどん変わっていくと思います。でも、それでも、スタート地点は TOEIC で、そのために勉強してきたことは、英語力はもちろん、さまざまなところで生きています。よく「TOEIC 卒業したんですよね」と言われたりするのですが、わたしは「卒業した」なんてせんぜん思っていなくて…というか「卒業する」ようなものだと思っていなくて…うまく説明できないのですが、とにかく TOEIC は楽しいと思ってます(笑)

さてさて、ブログの方向性について「これからもどんどん変わっていく」と書いたのですが、ちょっといまいろいろと企んでいまして。かんたんに言うと、ここをアウトプットの場として活用したいと考えています。これについてはもうちょっと悩みたいので、それまでは最近の感じでのんびり適当にやってきたいとおもいます。

最後になりましたが、ブログへ来てくださるみなさま、ほんとうにほんとうに感謝しております。いつもご訪問、拍手、コメントありがとうございます

これからも、えいごろりんとあーひゃをどうぞよろしくおねがいします (_ _*)


解答速報で答え合わせしてみました
まずは試験の振り返りから…

筆記は、解き始めてすぐの語彙熟語で、正解を選べるうれしさを感じました。前までほぼ「感覚」で選んでいたのに、語彙学習の成果なのか、自信を持って「これだ!」と選べるものが格段に増えました。ただ、消去法を使った場合や、自信がない場合に入れたチェックは大量にあります…まだまだです。読解穴埋はスキーマも手伝って読みやすく、着実に正解を選べた感がありました。長文読解は最初の2つの話はまだ読みやすかったのですが、最後の話が難しくて悩みました。

英作文は、とりあえずのパラグラフ・ライティングをやって、117 words でした。ちょっと長くなりました。使っている語彙が易しいのでちょっと幼稚な印象かもしれません…アウトプットの語彙を増やす努力をしないとです。

そして最後にリスニングなのですが…これがひどい…途中で逃げ出したくなるくらいでした。Part 1 は自信を持って全部マークできたのですが、Part 2 と Part 3 に関しては、終始「え? なんだっけ?」状態が続いて、消去法と勘を多用してしまいました。言い訳をすると音質がラジオみたいで声が割れていて…というのがあったのですが、Part 1 では問題なく答えを選べたので、やっぱりただの言い訳です。多聴だけじゃなくて、聴くトレーニングの必要性を感じました。

そんな感じで、いろいろと反省点がありますが、「今後に活かしていこう!」ということで…答え合わせの結果です。


2009年度 第3回 一次試験 準1級


自分のものにしていくプロセスを楽しもうっ!
外でネコが変な声で鳴いてます

きのうの英検を受験されたみなさま! お疲れさまでした! 英検チャレンジャーのブログに遊びに行くと、みなさん当日のうちに記事にしていらっしゃって、「それだけ英検への想いがあるんだなー」とみなさんの熱を感じました。

わたしもなんとか準1級、受験してきました。成果についてはきょうの解答発表をチェックしてから、ということで、今回はちょっと、先日いただいた k2 さんからのコメントに関連して、「復習ってどうしたら楽しめるようになるのかなー」ということを考えたいとおもいます。

英検にしろ TOEIC にしろセンター試験にしろ、解き終わったあとにわたしが謙虚に復習してるのかはちょっと微妙ですが、それでも以前に比べれば感覚として苦痛は減って、すこしずつたのしめるようになりました。そしてその大きな理由の1つは、「また出会えるよろこび」だとおもっています。

実はちょうどきのうの英検でも実感したところでした。語彙問題で mediocre を選ぶものがあったのですが、この mediocre という単語、iKnow! で学習したとき、「こんなん見たこと(聞いたこと)ないよー」「どんな場面で使うんだよー」とおもったのです。ところがつい数週間前に、映画『そんな彼なら捨てちゃえば?』を観ていたとき、登場人物の一人がこの mediocre という単語を発したのです! そこで「おー! mediocre って言ったよ!」と感動し、同時にその単語の使われ方と(自然な文脈の中での)発音を学びました。それできのう、英検でふたたび mediocre に出会って、それだけでとってもよろこんでしまったのです。それこそわたし以外の受験生には mediocre な問題かもでしたけど(笑)

きっとこういう「また出会えるよろこび」、しかもつぎ会うときには「前とちがうわたし」で「ちがう場所」で会えること、これが大きなモチベーションになるんじゃないかなーとおもいます。(英語に限らない気がする笑)

英語指導者の立場で考えると、特定の単語やトピックについて、ひとつのアプローチの繰り返しによってのみ定着を期待するのではなく、児童生徒になるべくいろんな形で触れる機会を与えること(スパイラルな学習)が大切だとおもいます。(先生にとってはすんごく労力を使うたいへんなことだけど

おそらく学習者が一度でも「また出会えるよろこび」を知ると、復習のプロセスがすこしは楽になるんじゃないかなーとおもいます。そして上に書いたわたしのような例だったら、多読や多聴をどんどんたのしめるようになるんじゃないかなーとおもうし、インプットが増えれば必然的に出会える確率も上がるので、ますます楽しくなって…そういうことなのかなーと感じてます。

ということで、きのうの試験の復習に取り掛かるとします (`・ω・´)

はふぅ
もうこんな時間…
きょうは1日おでかけでちょっと疲れたー。

あしたは英検だー。
早起きしないとだー。

すこしは成長してるのかな
英検がもうあさってに迫っているというのに、ぜんぜんそんな気がしていないあーひゃです。なんだろうこの落ち着きは(笑)

うーん、正確には落ち着いてるというか、ほかにもいろいろ準備しなきゃいけないこととかあって(まだほとんどやってないけど)、あんまり「英検英検!」ってなってない感じ。だからといって本人は焦る様子はまったくなく、むしろ「いい感じ」だとおもっていたり。

英語とまた向き合えるようになってから、やっていることといえば、iKnow! をつかった語彙学習と英検の過去問くらい。あとはお楽しみで DVD の『FRIENDS』と『HEROES』観るくらいかな。あ、センター試験も2年分(2009, 2010年)解いたんでした。うん。

それで、さいきん感じていることなのですが…なんか、英検とかもうどうでもいい(爆)

あ、いや、べつに合格を諦めたとか、そんなんじゃなくて、なんていうんだろう、取るためにガツガツするような気持ちが、いまほとんどないんです。

TOEIC 900 目指してたときはいまの逆で、めっちゃガツガツしてました。「なんとしてでも取る!」「取らなきゃいけない!」って。なので、わたしの TOEIC 最高スコア 945 は、プライドをかけて意地でもぎ取ったスコアです。

でもいまは、あのとき抱いていた気持ちと正反対…かはわからないけど、少なくともまったくちがう。

読解問題を解いていておもうのですが、純粋に英語の記事を読むのが楽しいです。それで、じぶんがちゃんと理解したかどうか、正しい選択肢が選べたかどうかで確認できて、合っていれば「そうだよね。こうだからこうだよね。」っておもって、間違っていれば「そうか、ここを誤解してたのかー。」「ここがちゃんと読めてなかったんだなー。」と反省して、解説から文章を読むポイントを押さえて。

いままで試験対策していたときは、「問題を解いていかに正答するか」がいちばんと感じていたので、答え合わせが終わればそこで一気にモチベーション下がり、解説を読むのをすごく面倒におもっていたのですが、いまは、解説読んで、知らなかった単語をチェックして、しっかり自分のものにしていくプロセスがとても心地いいです。

やっていることはすごく当たり前の学習スタイルで、ほとんどの学習者の方が試験勉強としてしっかり取り組まれてる内容です。なので取り上げるまでもないことだとわかっています。…でも、やっている内容というより、そのときの感情が、いってみれば修行のように苦しみに耐えながら…というものから、やってておもしろい、おもしろいからもっとやる、というものに変化したこと、これがすごく大きな収穫な気がします。

もしかしたら、センター試験の問題に触れたのがよかったのかもです。知的好奇心をくすぐる内容と出題形式で、英語に触れるたのしさを再発見できました。(それでも満点取れなかったことはすっごく悔しいけど…)

先日、本屋さんで英語関係のコーナーを browse していて、「これいいな」という本にいくつか出会いました。「○○対策」とか書いてない本です。これからは、試験じゃなくて、興味に沿った本に取り組むことを mainstream に、(あ、もうすでに持っている対策本はもちろん有効活用していきます!)英語学習を進めて行きたいとおもいます。

『フレンズ』のお気に入りエピソード
さいきん学習記録がないなーこのブログ(苦笑)

英検の準備…しているのですが、ちょっとこのごろ感じていることがあるので、これはまたつぎの記事にでも書きたいとおもいます。

きょうはひさしぶりに『フレンズ』のおはなし。『フレンズ』の DVD 鑑賞はもう長いことつづいていまして、たぶん一番ぐるぐるしている英語素材だとおもいます。

英語音声、日本語字幕でエピソードを進めていくと同時に、英語音声のみ、字幕なしで一番さいしょから観ることを始めたのが昨年の4月4日。朝ごはんを食べながら、まいにち1エピソード観ることが習慣化し、旅行などで家にいないときや、病気で寝込んでるときを除けば、『フレンズ』なしの日はない…と書いてちょっといま自分でも驚いてます(笑)

1シーズンあたり24エピソード。全部で10シーズンあるので、1日1エピソード観ても240日かかる…8ヶ月ちょいくらいかな? あら、ちょっと遅れてるや(笑)

きのう観たエピソードがおもしろかったので紹介します。"The One With The Videotape" (Season 8, Episode 4) です。

※エピソードを順番に観たい方はいつか観る日をお楽しみに♪





ちなみにわたしが『フレンズ』を観るようになったきっかけは、こちらの Ken Adams さんでした(笑)

知らないほうがしあわせだったりするのかも
ちょっといま、とある情報を知って、かなりショックで、この悔しさを声にしたいのに、バイト中だからそれすらできない…そんなあーひゃです。

なにがショックかともうしますと、大好きなアーティストのライブチケットに申し込めなかったことなのです。

はい。わかってます。ライブがあることすら知らなかったわたしがいけないのです。ファンなのにちゃんとこまめにウェブサイトをチェックしなかったわたしがダメなのです。そんなんでファンを語るなです。

…でも、そうやってじぶんを責めてもしかたがない。

せめて、「そもそも予定が合わなかったから無理だったんじゃん」になれば、気持ちの整理もつくかとおもい、日程をみてみることに。が、しかし…

バッチリ予定が合ったのです

運がいいやら悪いやら…気持ちのほうは整理がつくどころか、むしろ散らかりまくりました(笑)はふぅ。


あ、ぜんぜん関係ないですが、きょう映画ワンピを観に行きまして、ぶじ零巻もらってきました。こちらは一安心です。よかったよかった。(あとは、のだめ観に行かなきゃ。)

2月はほとんど家にいないかもです
おっともうお昼だ! なに食べよう…

えーっと、こんにちは。あーひゃです。みなさんお元気ですか?

わたしは風邪のほうもだいぶ治って、まいにち元気に Wii Fit Plus であそんでいます。お気に入りのトレーニングは「アスレチック Mii」「雪合戦」「足踏みパレード」「リズムカンフー」「スケボー」です。特に「アスレチック Mii」は、じぶんがマリオになった気分になれてたのしいです。

…ちがう。そんなはなしをしたいんじゃなくて…

半年前にほぼ勢いで計画したことが、来月いよいよ実現しそうで、ちょっとバタバタ…というか、そわそわしています。もしかしたら、人生変わっちゃうかも…

とりあえず気持ち落ち着かせて、しっかり準備したいとおもいます。

2010年のセンター英語やりました
筆記 190
リスニング 48

ふむーな結果。いかんなーこれじゃ。

今回は配点おっきいやつを一個落としたのがいたい。あと相変わらず知らない表現がある。でもそれらは Morite2 さん曰く、受験生の基本。あ゛ー。

リスニングの落とした問題は、つい引っ掛けられてしまったもの。ことばは慎重に意味を取らなきゃだめ。

もっとがんばりましょうスタンプだなー。

おもいがけず救われたりするのかな
ひだまりを追っかけて部屋中を移動する生活を送っているあーひゃです。ネコかおまえは

TBR 出演後、数日間ちょっとあれこれ悩みまして。ひさしぶりに落ち込んでしまって困ったさんになってしまっいました。なんにもやる気が起こらなくって、1日がすっごく長く感じて。

んで、おとといの夜に、Twitter で知り合った薫さんのこちらの tweet を読んでチャンネルを NHK 教育にまわしたら、『テレビでスペイン語』が放送されていました。今期は 2007 年度のものの再放送なのですが、スペインの食文化がテーマで、食べ物のことを学びながらスペイン語も勉強しちゃおうというものなのです。

「あー、スペイン語の授業でプルポ(タコ)おいしいって聞いたから、スペイン行ったときバルで注文して食べたなー」なんて思い出したりしながら、番組に沿ってスペイン語を口に出していたら… あらら? なんだか楽しくなってきた! 沈んでいた気持ちがスーっと抜けていって、「スペイン料理学びたい!」「スペイン語もっとしゃべれるようになりたい!」そしてそして「よし! 英語もスペイン語もやるぞー!」と、どっか遊びに行ってたやる気さんが戻ってまいりました。

そして昨日、センター試験に挑戦したり、ちょっとサボッてた iKnow! やったりと、また英語と向き合えるように。なんか仲直りしたみたいな気分です(笑)

ただ、せっかく仲直りしてなんなんですが、気持ちが元気になったら、こんどは体が元気じゃなくなって…きのうは21時過ぎにはベッドにはいりました。(どっかのだれかさんみたいだ…)でもおかげできょうはきのうに比べてずいぶんと調子良くなりました!

1週間後に迫った英検に向けて、ファイトだ! ◯´∀`)o オー♪

2009年のセンター試験にチャレンジしてみた
どうやら風邪をひいてしまったようです。昨夜から湯たんぽを導入したけど、ちょっと遅かったっぽい。今日は早めにお風呂はいってあったまってとっとと寝ることにします。

さて、あしたとあさってはセンター試験! そういや昨年の分まだ解いてなかったぞ? 急げー! ということで、本日ボーとしたあたまで解いてみました。結果はよくないです。筆記が 194 で、リスニングが 48。だめじゃん…

どんな問題をまちがえたかは、もしかしたらこれから解かれる方がいらっしゃるかもしれないので書きませんが、筆記は第2問で3つ落として、リスニングは第4問B から1つ落としました。

解いてみての感想は「やっぱセンターの問題はおもしろい!」です。いろいろと勉強にもなるし。土日のセンターも楽しみです。ことしはどんなお話と出会えるのかなー。

事後報告ですが
日曜日、TBR に遊びに行ってきました。音声ファイル、怖くて聴けません…ライヴで聴かれた方、音声ファイルを聴かれた方、あーひゃの声が聞き苦しくて申し訳ございませんでした (><;)

放送をお聴きになられたらわかります通り、わたし以外のお三方の英語はほんとうにすばらしくって、そんな中にわたしがいたのは恥ずかしいことなのですが、あの場で、わたしのつたないしゃべり(英語も日本語も)を受け入れていただけたことは、ほんとうにうれしかったです。とても居心地のいい、たのしい時間でした。

神崎先生、Tommy さん、Bunny さん、ほんとうにありがとうございました。機会がありましたら、またぜひぜひ英語で相手してやってください (_ _*)

それにしても当日は天気がよくて最高の遠足日和でした。きょうは寒いなー。

Skype Call Testing Service で遊んでみた
毎週金曜日は「おかえりなさい☆癒し系TOEICメルマガ」を楽しみにしているあーひゃです(笑)

ひさしぶりに音声をアップしてみます。
(私信:日本語じゃなくてゴメンナサイ…)

今回の題材は「スカイプ音声テスト」です。ちょうど Skype がどーのこーのというメールを書いたりしてたので、ふと「スカイプ音声テスト」のことを思い出し、「そういえば前に、音声テストの記事書いたなー」「あのとき音声とかアップしたんだっけなー」と旧えいごろりんで探してみました。そして発見! ディクテーションしましたよーという記事でした。(記事はこちら

Skype 立ち上げ、何度か音声を聴いて、いざ録音! イギリス英語を真似てみたバージョンと、自分の英語でしゃべってみたバージョンです。変だけど、許してやってください (><;)



ゆうがた、なんだか眠くなってしまっていたので、目を覚ますのにちょうどよかったかもです。(まだ眠いけど

ちゃんとしみこませる


のだめの影響もあるかもけど、この休み期間中、ピアノを弾いてみたりしたあーひゃです。今回はほんとちょこちょこっとしかやらなかったけど、1年前の冬は、まいにちピアノを弾いていました。だいたい30分くらいずつ。

実はわたし、一番長く続けた習いごとがピアノでした。幼稚園の年長さんから中学2年生まで。ただ、練習が大嫌い…というか面倒だったので、家でピアノに向かうことはほとんどなく、週に1回のレッスンでその週初めて弾く…というのが常でした。

そして発表会が近づくとさすがに先生に雷を落とされ、泣いて帰ってようやくちょくちょく練習するようになって、なんとか発表会をこなして、また練習しなくなる…そのくりかえしでした。

そんなわけで、長く通った割に、わたしのピアノは上手ではありません

ピアノをやめてから、ずーっとピアノは物置と化し、たまーに気まぐれて遊ぶ以外は、弾かれることはほとんどありませんでした。

だけど、(たぶん)1年前のことです。なんとなく弾きたくなったのです。「むかし弾けてた曲を、いま弾けないってかなしすぎる」…そんなふうに思ったのです。

弾き始めて、さいしょは「お、結構弾けるじゃん」と思ったのですが、だんだんと指の動きがあやしくなり、暗譜(楽譜を覚えること)していたはずが、まったくわからなくなりストップ。楽譜とにらめっこして、もう一度ひとつひとつ確認して、うまく弾けないところは何度も何度も練習しました。ふだんほとんど使わない小指がすごく痛くなりました。

でも、まいにち続けていると、だんだん弾けるようになりました。指も感覚を取り戻してきたような気がしました。まいにち続けてると、ちょっとずつ、でも確実に力がついてくる…そんなことを実感した瞬間でした。

そしてふと、「英語もピアノもいっしょなんだなー」と思いました。

■     ■     ■     ■     ■     ■     ■

この冬。ピアノに向かったとき、いきなり曲を弾くんじゃなくて、基礎に帰ることにしてみました。知らず知らずのうちにクセがついてしまってることに気が付きました。そして、ていねいに修正して、基本をしみこませることの大切さを感じました。

語学もいっしょ。しっかりじっくりからだにしみこませていこうっと。

あけました
Happy New Year!!
May your new year be fruitful and happy ;)

あけましておめでとうございます
ことしはカウントダウンもすることなく、気付いたら「あ! 年が変わった!」という感じでした。某掲示板に書き込んだあと、すぐに英語の学習(というよりも作業かな)をしたので、ほんと年越し感がなかったです(笑)

えーっと…New Year's Resolution はとくにありません。年の区切りとかじゃなくて、じぶんのタイミングで計画したいと思います。それで年末に棚卸しでも…がいいかな、と。

ことしもマイペースにやってきます。2010年、どうぞ本ブログ「えいごろりん」とあーひゃをよろしくおねがいいたします (_ _*)

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。