スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『不思議の国のグプタ』レビュー
あーひゃです。
日本から友人に送ってもらったこちらの本を読了しました。

 不思議の国のグプタ ― 飛行機は、今日も遅れる



こっち(アメリカ)で知り合った日本人の女の子が
もうすでに帰国していまして
せんじつ電話ではなした際にこの本のはなしをしたら
「送るよー!」と言ってくれました。感謝。

彼女がまだこっちに滞在していたときから
英語の質問や、英語学習、TOEIC 学習の相談を受けていまして
さいきんまた興味深い質問をもらったので
そのうち彼女の了解を得て記事にしたいとおもいます。


はなしは戻ってこの「グプタ本」。
TOEIC と親しくなるのにいい本だとおもいました。

ちょっと専門用語をつかうと
「スキャッフォールディング(scaffolding)」にいいなーという感じです。

ヒロ前田さんプロデュースなので
善かれ悪しかれ彼の色がかなり濃く反映されています。
マニアには好まれるとおもいますが
一般読者が置いてきぼりになるのではと心配してしまいます。

でもさいしょに書いたとおり
TOEIC と親しくなるのにほんとにいい本だとおもいます。
試験をうける上でその試験と仲良くなるというのは
試験対策(test-taking strategy)として大事なことのひとつなので
TOEIC に対して苦手意識の強いひとにおすすめです。

スポンサーサイト
平成23年度 NHK 語学番組
けさメールで来年度の NHK 語学番組のお知らせがきました
魅力的なラインナップです
http://www.nhk.or.jp/gogaku/topics2011.html

気になったものをとりあえず挙げてみる

・実践!英語でしゃべらナイト(金曜日 23:00-23:20)
・トラッドジャパン(木曜日 23:00-23:20)
・トラッドジャパン・ミニ(金曜日 11:25-11:30)
・3ヶ月トピック英会話(水曜日 23:00-23:30)
・ニュースで英会話(木曜日 6:00-6:20)
・ワンポイント・ニュースで英会話(火曜日~土曜日 1:00-1:05)
・Jブンガク(月曜日~木曜日 23:50-23:55)

・ワンポイント・ニュースで英会話(月曜日~金曜日 8:30-8:35)
・入門ビジネス英語(月曜日~火曜日 12:40-12:55)
・実践ビジネス英語(水曜日~金曜日 12:40-12:55)

・テレビでスペイン語(木曜日 23:25-23:50)
・まいにちスペイン語(月曜日~金曜日 8:00-8:15)
・アンコールまいにちスペイン語(月曜日~金曜日 11:45-12:00)

あしたからすこしずつ
各講座についてコメントしていきたいとおもいまーす!

『多聴多読マガジン』がいい感じ♪
5月に入手して「記事にしよう、記事にしよう」とおもいつつ
気がつけば7月になっていました



隔月に出版される『多聴多読マガジン』
本屋さんではもう8月号が出ているんですが
こんかいはわたしが読んだ6月号のはなしをしたいとおもいます。

まず「いいな♪」とおもったのが
6月号の特集記事です。

「わかる英語で毎日できるやさしく多聴」と題し
なぜ「やさしい」英語を「たくさん」聴くことが必要なのか
言語習得研究のデータや理論を用いながら説明してあります。

たとえば
多聴するときにどのような素材を選べばよいかというと
いまのじぶんの英語力よりちょっとだけ上のレベルで
知らない単語や表現がたまに出てくるけど
わからなくても支障のないような素材です。

こんかいの特集でも書いてありましたが
言語習得研究ではこのレベルを「i+1」と表現します。
(既存の言語能力を「i」とし、それに「1」をプラスする)

なぜこれくらいのレベルのものがいいかというと
これ以上難しいものになると
英語思考が阻害されてしまうからと説明してありました。
わからないものが多いと訳読になってしまうそうです。

「インプット」という点においては
これは多聴だけでなく多読においても同じことが言えます。

この特集記事を読んで
「こういうことを説明してくれるっていいなー」
とおもいました。

おそらく多聴多読に興味のある人なら
知りたいところだとおもいます。
本屋さんにバックナンバーも置いてあるとおもうので
ぜひ手にとって見てみてください。

ようやく WWDC 2010 の基調講演
ちょっと出遅れちゃった感じですが
やっと WWDC 2010 の Keynote Address ききました!


(iPhone 4 のはなしは 0:27 あたりから)

いやーおもしろかったです!
ハプニングがあったり
ちょーひさびさの "One more thing..." があったり

iPhone 4 欲しい度がさらにあがってしまいましたが
iOS 4 で1年ぐっと我慢です (><;)

そういえば先日の英検1級の問題に "retina" という単語がありましたが
iPhone 4 の "Retina Display" のおかげでわかりましたー。

「TOEIC friends.net」ってなんだろう(笑)
英検の受験票が届いたので中身を見るために剥がそうとしたら
勢い余っておもいっきり切り離してしまったあーひゃです

「二次試験受験時は切り離してお持ちください」
と書いてあったので準1のほうの受験票なら問題なかったのですが
ざんねんなことに一次試験から受ける1級のほうでした… うぅ…


はなしは変わってこんどの土曜日
masamasa さんがラジオをやられるとのこと
教材を手元に置いておこうと図書館にいきました。(←買わないんかい

ちょうど先日 TOEIC コーナーで「極めろ!」の文字をみた気がしていたので
きっとあるだろうなーとおもって探してみたら
うちの大学の図書館にはリスニングしか置いてませんでした。ふむ。


代わりに…というわけでもないのですが
ちょっと気になる本をみつけたので借りてきました

オフィシャルの TOEIC のマークが載っていて
『English Training Book』というタイトルです。
そして「千田潤一監修」と書かれています。


すっかり記事にするのを忘れていたのですが
いまから2ヶ月ちょっと前のこと
TBRチャリティー放送「愛はもりてつを救う」に参加するまえに
「TOEIC SW の説明会&講演会」に行ってきたのです。
そしてその講演会で講師を務めていらっしゃったのが
千田潤一さんでした。

この講演会は参加型の practical な内容でとても充実していました!
Tommy さんが参加した感想を書いてらっしゃいますので
ぜひご参考に。(←完全に人任せ笑)


はなしが脱線してしまいましたが
きょう借りてきたこの『English Training Book』は
TOEIC 受験者向けにつくられていながら
「対策本」ではなくて「英語運用能力を高めるトレーニング本」なのです。
(んーでも考えてみればそれがそもそも TOEIC の趣旨なはず。)

パラパラと内容をみてみたら
いかに active に学習していくかがポイントのようです。
この辺は上で書いた TOEIC SW での講演会のはなしとつながります。
(講演会に行かれた方なら見当つくかも。)

さっきネットであれこれ調べてみましたら
この本はどうやら市販されていないみたいです。
かつて「TOEIC friends.net」というものが存在していたらしく
その e-Learning の教材だったようです。

発行が2002年と TOEIC 業界的にはちょっと古いですが
千田さんの指導する英語トレーニング法が
いい感じにまとまってるっぽいので
ちょっとあそんでみようかなーとおもいます。


そんな千田潤一さんの講演会もある「TOEIC SW セミナー」
まだ行かれてないかたはぜひ参加されてみてください
オススメです

TOEIC®スピーキングテスト/ライティングテスト説明会&講演会
プログラムや講師プロフィール、開催スケジュールについては
下記 URL からサイトへアクセスしてご確認ください。
http://www.toeic.or.jp/sw/swin/setumeikai.html?eno=10062



  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。